接客業としてマナーは重要

社会人として、礼儀やマナー・コミュニケーションは常に求められます。最低限のものができていなければ「仕事ができない人」と判断されてしまう可能性すらあります。

もちろん接客業であるキャバクラの世界にも礼儀・マナー・コミュニケーションは重要な要素になってきます。

この3つが上手いか上手くないかで、自分のお客様になるかどうかが決まります。

ただ話せば良いというものではなく、しっかりお客様の無礼にならないような行動や、礼儀正しいマナーをわきまえた「おもてなし」をすることで、お客様も満足してくれます。

 

最低限の礼儀・マナー・常識を

また、お話を聞いて欲しいお客様や、キャバ嬢の話を聞きたいお客様など様々来店されます。

どのお客様に対しても会話のキャッチボールができるようなコミュニケーション能力を持つことによって、会話も続き盛り上がることができます。

コミュニケーションをとる方法として、常識はもちろん、世間で今何が起きているかなどの話は、誰もが知っている共通の話題になるのでニュースなど要チェックです。

来店されるお客様のほとんどはお昼お仕事をしている人が大半です。最低限の礼儀・マナー・常識を得ていない限り「話が合わない」と思われてしまい、話も続かなくなってしまう場合がありますので、しっかりと身につけておきましょう。